妊娠中から始めるウォーターサーバー!赤ちゃんが生まれてからも安心!

赤ちゃんを授かってから、水道水を見直すプレママさんが増えています。
だって、水道水には、カルキやトリハロメタンが含まれているんですもの。さらに、放射性物質の危険もあるんだから、水にこだわりを持って大正解ですよ。

 

妊娠中は、つわりがひどくても、水分だけは摂取するように産婦人科の先生から言われませんか?
脱水症状に注意が必要だからです。

 

水分を摂取するのなら、水道水ではなく、不純物が入っていない、ミネラルが豊富な天然水がおすすめです。

 

例えば、ウォーターサーバーで有名なコスモウォーターの日田の誉。日田の誉には、妊娠中に必要な栄養素、カルシウムやナトリウム、マグネシウム、カリウムなどがバランスよく配合されています。

 

さらに、妊娠中に必要な亜鉛も入っているんです。亜鉛は、細胞分裂に必要と言われています。亜鉛が不足すると胎児の成長不全につながる可能性があるとか。

 

何も口にできないつわり中でもウォーターサーバーの天然水が一役かってくれそうです。

産後でも使えるウォーターサーバーは?水を変更できるから安心!

産後の授乳中は、大変喉が渇きます。ママとパパがウォーターサーバーを使用するのなら、全く問題ないのですが、ベビちゃんのミルクに使用するのなら、なるべくミネラルが含まれていないものがおすすめです。

 

水道水にもミネラルが含まれていますが。

 

妊娠中はミネラルが豊富な天然水。産後は赤ちゃんのミルクにも使用するのならミネラルの少ない水が理想です。

 

途中で水を変更することができるのが、コスモウォーターなんです。
水の変更は、配達日の10日前までに連絡すればOKです。

 

変更するからといって、有料ではありませんよ。水の変更は無料です。

 

コスモウォーターには、天然水が3種類、RO水があります。
例えば、妊娠中は日田の誉、産後は古都の天然水にすることができます。

 

案外、水の種類を自由に変更できる業者がほとんどなく、妊娠中にウォーターサーバーを始めるのなら、水の種類を途中で変更できるウォーターサーバーを選んでくださいね。

 

コスモウォーター以外にもフレシャスがあります。フレシャスは、最低購入本数が多いのがちょっと難点・・・。水をたくさん飲むご家庭向き。最初は、どれだけ飲むか分からないあなたには、最低購入本数が少ないコスモウォーターの方がいいですよ。

 

クリティアも何種類も天然水を取り扱っているのですが、地域によって、天然水の種類が決まっているんです。
他の天然水を注文したい場合は、送料が有料になってしまうんですよね。

 

色々な業者で比較しても、コスモウォーターが良心的なような気がします。